高井晶子写真展から



高井晶子写真展「night crawl in Tokyo」
場所 NADAR/SHIBUYA355
期間 H22/8/2~8/21
月明かりを殆んど感じることのない東京では、夜の街を照らすのは人工の灯り。誰かが、何らかの意図を持って燈した灯りが集まって、東京の夜景を作り出しています。そのせいでしょうか。たとえその場にいなくても、どこかに人の気配を感じます。人と人との繫がりが希薄になりがちな東京ですが、人の存在を一番身近に感じるのが、そんな夜の街を歩いているときかも知れません。そして、「どこかに感じる」という距離感が、ちょっと寂しくも心地よく、東京らしいと思うのです。と作者の挨拶文からである。

作品はオールカラーの半切大。写真を作る楽しみが聞こえてくる夜景写真。ふと、そのようなことを想いながら、作品を鑑賞させて頂きました。

作品の多くは、人影などは殆ど見当たらず、被写界深度を手繰ることで奥行きをイメージさせ、落ち着いて物事を考察できる、写真的な場を醸し出すことに、成功しているようでした。

普段、無意識に取り込んでいる、“身構えること”から解き放たれて、見る側が素にもどること。それは場である。

追記
作者は、ミックス光の楽しさ、引き伸ばしの楽しさ、レンズ効果を吟味する楽しさ等を、夜景写真のテイクを通して再構築し、夜半の平常心とカメラの引きを、写真表現に見事に結実させているのでした。



■  [PR]
by suguru2056 | 2010-08-06 23:38 | 写真 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://suguru2056.exblog.jp/tb/11696219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by たかいあきこ at 2011-05-03 11:56 x
自分の名前を検索してみて、
こちらにたどり着きました。
ブログでご紹介いただき、
的確な考察をいただき、
どうもありがとうございました♪
Commented by suguru2056 at 2011-05-04 09:50
たかいあきこさん、コメント有難うございます。

大変嬉しく、光栄に思います。

これからのご活躍を応援させて頂きます!
Commented by suguru2056 at 2011-07-27 11:35
高井さんの著作、「自分のイメージを表現するための撮り方手帖」を購入いたしました。

更なるご活躍を期待しております!
名前 :
URL :
削除用パスワード 
<< 立秋。 トマトのテリーヌ >>