第24回 四字成句写真展 古稀同人 から

d0104915_0121497.jpg


第24回 四字成句写真展 古稀同人
場所 コニカミノルタプラザ
期間 H22/8/16〜8/26
元気一杯の明治生まれ97歳を筆頭に、様々な人生を歩んできた、平均年齢80歳同志14名の、一年間の成果をご覧頂き、仮名文字、横文字が多くなって参りました昨今、少しでも日本古来の語の字の意味を、共感して頂くことが出来ますれば、大変幸せに存じます。戦後65年!時代を還暦を過ぎ、老の身には何かと厳しい時代となって参りましたが、つくづく平和の尊さを感じながら、好奇心旺盛に、心の健康にも留意して、心身ともに健康で撮影に取り組み、後期高齢者ではなく、光輝高齢者として、頑張ってゆきたいと、念じております。  
平成22年8月吉日
(写真展挨拶文より抜粋)

追記
カメラの存在を全く感じさせないアングル。児島昭雄先生の写真が光っていました。結婚式の花嫁の2カットでしたが、被写体とカメラマン、そして写真を見る側にさえも、カメラの存在を感じさせない、無色透明な空気のような関係が表現されていました。カメラの引きとは、ある意味で絶大な信頼にある。そして、それは厚い壁でもある。闊達自在の境地、正に達人の領域というべき作品を鑑賞させて頂き、私は大変な満足をいたしました。
by suguru2056 | 2010-08-20 00:12 | 写真 | Comments(0)