フラワーロード

平成19年4月29日
銀座みゆき通りにおいて

 銀座みゆき通りを会場に、恒例の「フラワーカーペット」が、今年で21回目を迎えました。富山県のチューリップ栽培農家から運ばれてくる、色とりどりの20万本の花弁(赤、黄、白、紫、ピンク)で、まるで絵具のように、銀座5丁目と6丁目の間の通りの幅半分に、絵とメッセージを描いています。
 今年のテーマは「地球環境を守ろう」というもので、「太陽エネルギーを使おう」「風の力を使おう」「マイバッグを使おう」などの、日常生活で実施している資源保護と、二酸化炭素排出を抑える工夫を、文字と絵で表現していました。銀座のお買い物にも、エコバッグ・マイバッグを持って来て欲しいという願いを、記念のカメラに収める光景が、あちらこちらで見られました。

d0104915_23323125.jpg
d0104915_23372599.jpg
d0104915_14191662.jpg


 2007年から「みどりの日」が「昭和の日」となった4月29日。この日は、21年前からという、銀座みゆき通りのフラワーカーペットが実施されました。時間限定のお花のじゅうたんで、富山からやって来た20万本のチューリップの花弁。特産のチューリップの球根を、翌年大きく健康に育てるために、早めに花弁を摘み取ったものですが、銀座みゆき通り美化会と、富山県、関係団体との協力によって、路上絵として完成されたイベントです。花弁の色を絵具に、みゆき通りを巨大なキャンバスとして、毎年違うテーマが描かれています。

追記
 路面の絵メッセージを、空から見たいという要望もかなりあるようで、通り沿いのビルの上から眺めている人もいたようです。このへんが発想の差なのかも知れませんが、ビルの谷間において空中撮影する手段は無いように思いますが、ある程度の高さから俯瞰撮影することは可能だと思います。そこで思い出したのが、ロングポール写真(長い竿の先にカメラを取り付けて俯瞰撮影する手法)というもので、路上絵のメッセージを伝達する画期的な手段として、今後、研究してみようと思います。
Commented by kyoco-chan at 2007-05-02 00:57
すごい~@@
これは何の花で描かれているのかな?
黄色い月と星に・・・あとはなんだろう。
空から見てみたいなあ。
Commented by suguru2056 at 2007-05-03 13:32
ただいまです。
コメントありがとうございます。記事の編集途中なのですが、富山のチューリップの花びらで、みゆき通りが敷き詰められています。この日は、数寄屋橋の写真を撮りに行きました。何でも富士フォトサロンが移転の為、閉館するということで、その関連記事を作成中です。フラワーロードの方は、その日偶然通りかかったというもので、その日一日限りのものでした。こちらも調べてみると、いろいろですね。環境美化に関するメッセージが、路面に託されていました。本当に偶然でしたので、記録そびれてしまいましたが、おっしゃるとおり、空から見てみたいものですね。こちらも、ロングポール写真(長い竿の先にカメラをつけて俯瞰撮影する手法)を研究中です。なかなか気持ちが踏み切れないのですが、kyoco-chanのコメントでやる気がわいてきました。これからも、よろしくどうぞ。
by suguru2056 | 2007-05-01 23:38 | 自然景観 | Comments(2)