歴史の一里塚としての数寄屋橋周辺

平成19年4月29日
富士フォトサロンを想う

 今年、開設50周年を迎える銀座数寄屋橋の富士フォトサロンは、港区六本木の富士フィルム新本社ビル内に移転する為、この7月に閉廊します。その最後の写真展が、日本写真会の第80回記念総合展であり、銀座における富士フォトサロンのグランド・フィナーレを飾る展覧会となります。私は数字のゴロ合わせが好きで、50とか80という数字は何よりも大好きな言葉です。カメラレンズの焦点距離のようで、それに伴う無限大の眼差しとスタンスが、すぐさま、立ち現われてくるように思えるからです。

(平成18年11月 第27回 日本写真会 同人・同友展を鑑賞して)
 日本写真会は、光と其諧調の主唱者である、故・福原信三氏が大正13年に創立したもので、氏は写真を芸術の領域に高めた先駆者であります。この会は、光と其諧調を表現の基本に活動を続け、現在は全国で約200名の会員がいます。同人・同友とは志を同じくする、日本写真会の中心的な立場にいる者の呼称である。そして、創立時の精神を受け継ぎ、新しさを加えつつ更なる伝統を積み重ねてゆく、今日この日の写真展である。写真展は、顧問1点、同人21点、同友32点の半切サイズの計54点の構成である。プリントはコニカミノルタによる素晴らしいものである。
 その中で、私の特に気を惹いたのが、福原有一会長による、竹富島のシーサーの写真であった。シーサーとは、沖縄県などでみられる伝説の獣の像で、建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられ、家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除けであり、幸運招きなどの意味を持つ。八重山諸島ではシーシーともいう。屋根の上のシーサーからは、私なりに皮膚温度を感じたことと、瓦の匂いがプンプンするような気がして、興味深く思えたことでした。
 私は沖縄贔屓なので、印象深かったのかも知れませんが、写真に要求されるのは、色鮮やかさだと思います。何故なら、その写真を前に現実が少しでも色あせて見えるなら、どうあるべきかの確認から、どうすべきかの問題提起ができるからです。これからの景観保全の問題に、写真の果たせる使命は、ここにあると私は考えています。色鮮やかな写真で、世の中勝負とゆきたいものです。
 竹富島の景観保全は、竹富島憲章により、赤瓦の家並みが町並み保存地区になり、島最大の祭り・種子取祭りが国の重要無形民族文化財になり、織物のミンサーが国の伝統工芸品になって、多くの人を島にひきつけているというものでした。因みに竹富島憲章とは、1.売らない 2.汚さない 3.乱さない 4.壊さない 5.生かす という景観保全優先の基本理念であります。祖先から受け継いだ、伝統文化と美しい自然環境を誇り、活力あるものとして、後世に引き継いでゆくという心なのです。正に、この意思表示の盾こそ憲章なのですが、”人間性の原点回帰”という視点で景観保全の問題を考える時、一対ともいえる両者の支点になるのが、赤瓦の上のシーサーなのかも知れません。精霊の住む島、竹富島のシンボルを想う時、それは平和を訪ねてたどり着く、歴史の一里塚であることを実感するのです。   

d0104915_1344444.jpg
d0104915_13452387.jpg
d0104915_1346548.jpg

Commented by mompa at 2007-05-20 12:16
竹富島の景観保全素晴らしいですよね。いいものはなるべく後世まで
残しておきたいものです。
suguruさんの写真勉強になります。私は知識はなくただ撮ってるだけなのでこれから教えてくださいね!
また伺いたいと思いま~す!
Commented by suguru2056 at 2007-05-20 14:52
”気持の帰れる所”があるのは、とても大事で貴重なことだと思います。人それぞれの気持ちの原点、そして思い入れのスタートラインですよね。目標を定めた時の初心があるという具合です。”初心忘れるべからず”という心の年輪を写真に収められるのは、最高の幸せだと思います。
 私も、去年は3回沖縄へ参りました。そのうち1回は石垣島です。毎年、台風の通り道なので皆様方は大変な思いをされてるなと実感できました。私の周りにも、沖縄が好きな人は大勢います。心の年輪を”記念の写真”に。私も頑張ろうと思います。
Commented by kyoco-chan at 2007-05-21 02:08
わっ 沖縄の話題だ☆
竹富島、大好きです。
そしてまた会いたいなあと思う人がいます。
喜宝院蒐集館の館長さんです。
いろいろお話を聞かせてもらいましたが、その中で一番心に残ったのが
『竹富島は変わらないことが、島の発展なんだ』ということです。
ここへきて、竹富島というキーワードをもらって、数年前の竹富島の
思い出があれこれ浮かんできて、今夜はいい夢見られそうです。
by suguru2056 | 2007-05-03 13:47 | 旅行 | Comments(3)