星に願いを!

          笹と竹、七夕。

d0104915_20161386.jpg
七夕は旧暦7月7日の行事。五節句の1つ。

奈良時代からまつられてきたが、この夜、天の川の両側にある牽牛(けんぎゅう)星と、天帝の娘・織女(おりひめ)星が、一年に一度だけが天の川の上でデートをする日といわれ、この星に女性が技芸の上達を祈ればかなえられるといって、貴族社会では星祭りをした。これは中国伝来の乞巧奠(きっこうでん)であるが、一方日本固有の習俗では、七日盆(盆初め)に当たり、水浴などの禊(みそぎ)をし、この両者が合体した行事になっている。

七夕は、このことに因んで、願い事を書いた短冊を笹の葉につるし、おりひめ星に技芸の上達を願う星祭であります。

参考
<笹と竹>
一般的には大型のものを「竹」、小型のものを「笹」(ささ)と呼ぶ。
<織女と牽牛>
おりひめとは、“こと座のヴェガ”であり、ひこぼしとは、“わし座のアルタイル”のことを指します。


追記
写真の短冊は、大型の竹に吊るされ、風になびいてとても涼しげでした。
竹と言えば、シンボリックな意味として、“しなり”の代表選手の様な印象を持っています。
短冊といえば、私の場合は即、“抽選券”を強くイメージします。

そこで七夕とは、
「しなり」+「抽選」=「星に願いを!」であり、

そして更に七夕とは、
“ブレのないしなり”のごとく、一糸乱れず狙いを定めて的を射る、一年の内の本当の一日。

明日の七夕は、おりひめさんに、ブログの上達を強く願う一日としたい。
Commented by kyoco-chan at 2007-07-07 15:16
大きな笹飾りですね~。
これを見たら、わたしも、飾りを撮りに行きたくなりました。
雨降らなければ、自転車で出かけたいところです^^;
わたしは、何を祈ろう・・・考え中です。
Commented by suguru2056 at 2007-07-18 22:29
Kyoco-chanへ。
自転車で撮影にゆくっていうのは、いいですね。
私も自転車は大好きです。今、3台持っているので、よろしかったら貸してあげますよ。
というよりも、是非とも乗って頂きたい位ですよ。
by suguru2056 | 2007-07-06 20:21 | Comments(2)