渋谷駅周辺

  ハチ公前広場にて
d0104915_2371967.jpg
d0104915_0195062.jpg
d0104915_0252368.jpg

d0104915_2381116.jpg

d0104915_2384995.jpgモニュメントの由来
昭和29年に超軽量電車5000型として登場し、東急車輛横浜製作所で製作され、東横線で昭和45年3月29日まで活躍した、記念すべき第一号車です。モニュメントは、渋谷にゆかりのある電車を設置することで、ふるさと渋谷の伝統文化や区民の生活様式の変遷などを青少年に伝え、これまでの渋谷の歴史を大切にしてゆく郷土愛を育むことが、目的とされています。

d0104915_2391649.jpg

渋谷駅の歴史
電車と共に歩み、発展してきた渋谷の街。明治18年、日本鉄道会社、品川鉄道という、現在の山手線に中間駅が設置され、渋谷駅は誕生しました。その後、明治40年に玉川電車が開通し、明治44年には青山から東京市電が渋谷まで延長されました。そして、昭和2年に東横線の開通、昭和8年に帝都電鉄(現在の井の頭線)、更に昭和13年に地下鉄銀座線が開通し、商業の集積とともに、渋谷駅は日本有数のターミナル駅になりました。
d0104915_0281580.jpg
d0104915_0293171.jpg
d0104915_2143884.jpg
d0104915_2394827.jpg

d0104915_0312433.jpg

d0104915_0323047.jpg

d0104915_0333828.jpg

d0104915_0342843.jpg
d0104915_0345540.jpg


追記
地域の美化活動の連携拠点としての渋谷駅前
郷土愛という永続的なテーマが、渋谷駅周辺において実施される児童相談や、青少年の育成活動、地元商店街の振興等の連携の上で成り立つことを、モニュメントを通して実感できることは、本当に素晴らしいことであると思います。

そして、私にとっての“決定された瞬間”とは、
郷土愛という永続的なテーマは、育まれるというよりも、むしろ、お互いを鍛え抜く視線の嵐の中で、淘汰の波を越えてゆく、モニュメントの力強さの中に、人それぞれが思い描く同一視という瞬間の質に宿ると定義したい。
Commented by kyoco-chan at 2007-07-26 20:01
あーーここって(これって) わたし、この間の日曜日に
この場所を歩いたのに・・ こんな風に写真になるなんて^^
私はハイビスカスとドーナツやのドーナツ撮っただけで(^^ゞ
見る人によって、同じ渋谷が違って見えるーー。
電車・・見てくればよかった。残念・・・
Commented by suguru2056 at 2007-07-28 01:02
ドーナツ、いいですね。
いつも、コメントありがとうございます。
次回は、ドーナツに因んだ記事をアップしますね。

Commented by AtsukI at 2007-08-02 08:38 x
こんにちは。
いわきに戻る前、会社が渋谷でしたのでこの前をよく歩きました。
懐かしい光景です。
今でも人で溢れているのでしょうね。
Commented by suguru2056 at 2007-08-02 11:53
AtsukIさん、お久しぶりです。
渋谷駅周辺は、いつ何時でも、ごったがえしています。通勤ラッシュと平常時の差があまりないのが、特徴かもしれません。また、夜が大変な混みようです。まるで、帰路につく人々で埋め尽くされているかのようです。
AtsukIさんの”いわきの海”は、とても見ごたえあります。あれだけのシークエンスは、ちょっとないですね。また、ゆっくりと鑑賞させて頂きますので、よろしくどうぞ。
by suguru2056 | 2007-07-25 23:14 | イベント | Comments(4)