セルリアンタワー(遠景)

   爽やかな秋空
d0104915_2234261.jpg


秋空は、とても爽やかで気持ちが良いですね。
身を委ねるがごとく見上げる空は、人の気持ちを引き込んでは離してくれない、永遠のテーマだと思います。

かつて、雲の写真に等価値という意味の解釈を、表現の上で与えている話を聞いて、その時は良く理解できませんでしたが、人が個の存在から解き放たれて、大自然に身を委ねる時に、自然に湧き起こる気持ちであるとともに、“等質の眼差し”という共感を再認識できる一つの場として、価値を持っていると感じています。

<私にとっての決定された瞬間とは>
個を包み込む自然だからこそ、人は強く意思して、他人との差異を強く描くことを欲求するのではないだろうか。自然というキャンパスは、今、対峙している自分の心の鏡なのだから、強く意志することを形に変える行為が、“意識の変換”という写真の一つの本質であると、私は定義したい。

追記
空を斜めに切り取るくアングルは珍しくはありませんが、天地を分かつ“一本道”のようで、とても気持ちが良いのです。
by suguru2056 | 2007-10-09 22:38 | 自然景観 | Comments(0)