人気ブログランキング |



FUJIFILM SQUARE
開館10周年記念写真展
北極も南極も「写ルンです」だから撮れた!
石川直樹 写真展「いつでもどこでも写ルンです」

場所 富士フイルムフォトサロン東京 スペース1

期間 H29/8/118/24

http://fujifilmsquare.jp/index.html

http://fujifilmsquare.jp/detail/1708110123.html

久々に参りました。

六本木のミッドタウン。

全くもって嬉しい限り。大感激です。

FUJIFILM SQUAREさんの 開館10周年を記念する、写真展の一つとして、・・・

そう、そう、そう、・・・

「いつでもどこでも写ルンです」を、遠巻きながらに鑑賞させて頂く、今日の私です。

その「写ルンです」も昨年、30周年を迎えたという、長距離選手。

今は、デジタルカメラや、スマホの時代ですが、フィルムカメラならではのテイストを未来に継承する、富士フィルムさんの唯一の鳴り物。

やはり、良い物は続く、・・・

って、ことなんですよね。

ふと、そのようなことを想いながら、石川直樹先生が携行された、「写ルンです」の旅の記録、北極から南極まで、そして、ご自身が担当されているという、福島県のプロジェクトの様子等、楽しく鑑賞させて頂きました。

富士フィルムさん、作家先生の皆様方、いつも誠に有難うございます。

本当に大感謝です。

それは、さておき。

因みに、私の場合は、・・・

そう!

何がって?

名作の必要条件とは何か?

って、こってす。

それは、・・・

写真展鑑賞のチェックポイントのことなのです。

勿論、勿論、・・・

いつも私が心に描いている、熱意であります。

一つ、ピントが良い事!

一つ、絵柄に合った露出であること!

一つ、主題がはっきりしていること!

一つ、もの珍しいこと!

一つ、動画のような写真であること!

   ※ずっと眺めていても、吸い込まれるようにして、飽きがこないという意味です。

そりゃ、もう!

ですよね。

“まな板の鯉”にチャレンジし続ける、写真愛好家の共通項、これが“名作の条件”であると、私は信じています。

ですから、その上で、・・・

「写ルンです」の世界。

なんですよね。

他言は無用!

そりゃ、もう!

ノーコメント!

ですよね。

写す人と見る人の心を繋ぐ、「写ルンです」の記録とその可能性に、・・・

私も一意専心、新たな作画に挑戦して参ります!

Love and peace!...

By ふぉと悟空

#石川直樹 #写ルンです#富士フイルムフォトサロン東京 #いつでもどこでも写ルンです 


by suguru2056 | 2017-08-24 22:10 | 旅行 | Comments(0)

先月の今日って?

d0104915_21433640.jpg

<写真タイトル:北陸新幹線、金沢開業の日>


先月の今日?

それって、想い出の3月14日。

ホワイトデー?

(*^▽^*)

それは、さておき。

そう、そう、そう、・・・

北陸新幹線金沢開業の日でした。

全くもって嬉しい限り。大感激です。

そう!

早くも一か月。

ですね!

ヾ(@°▽°@)ノ

本当に、何処までつながるのか。

なんて。

楽しみは増えるばかり。

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

日本全国津々浦々。。。

JRさん、これからも、何卒よろしくお願いいたします。

私も一意専心、観光日本の大いなる明日を祈りつつ、新たな作画に挑戦して参ります!

\(^_^)/

d0104915_21434974.jpg

by suguru2056 | 2015-04-14 22:15 | 旅行 | Comments(0)

d0104915_21393569.jpg


鉄道写真家中井精也プロデュース フジフイルムスクエア企画写真展
『乗ろう!撮ろう!大鉄道展』

場所 FUJIFILM SQUARE
期間 H26/9/12~10/1

私も、先日参りました。

久々のミッドタウン。

全くもって嬉しい限り。大感激です。

大鉄道展。

(≡^∇^≡)

会場では、ご活躍の中井精也氏の姿を、遠巻きながらに伺うことが出来ました。

まあ、鉄道写真のてんこ盛り。。。。

でも、写真の一枚一枚が、本当にドラマですよね。

ヾ(@^▽^@)ノ

会場は、撮影オーケーとのことでしたので、ささやかながらにスマホでサクサクと。

雰囲気だけでも、僭越ながらにお裾分けさせて頂ければ、幸いです。

\(^_^)/

中井精也氏と、これからの多士済済。

本当にバッチグーです。

三 (/ ^^)/

私も一意専心、新たな作画に挑戦して参ります!

d0104915_2139253.jpg
d0104915_21391588.jpg
d0104915_2139614.jpg
d0104915_21385687.jpg
d0104915_21384772.jpg
d0104915_21383857.jpg
d0104915_2138896.jpg

d0104915_21394353.jpg

by suguru2056 | 2014-09-19 22:30 | 旅行 | Comments(0)

平成19年4月29日
富士フォトサロンを想う

 今年、開設50周年を迎える銀座数寄屋橋の富士フォトサロンは、港区六本木の富士フィルム新本社ビル内に移転する為、この7月に閉廊します。その最後の写真展が、日本写真会の第80回記念総合展であり、銀座における富士フォトサロンのグランド・フィナーレを飾る展覧会となります。私は数字のゴロ合わせが好きで、50とか80という数字は何よりも大好きな言葉です。カメラレンズの焦点距離のようで、それに伴う無限大の眼差しとスタンスが、すぐさま、立ち現われてくるように思えるからです。

(平成18年11月 第27回 日本写真会 同人・同友展を鑑賞して)
 日本写真会は、光と其諧調の主唱者である、故・福原信三氏が大正13年に創立したもので、氏は写真を芸術の領域に高めた先駆者であります。この会は、光と其諧調を表現の基本に活動を続け、現在は全国で約200名の会員がいます。同人・同友とは志を同じくする、日本写真会の中心的な立場にいる者の呼称である。そして、創立時の精神を受け継ぎ、新しさを加えつつ更なる伝統を積み重ねてゆく、今日この日の写真展である。写真展は、顧問1点、同人21点、同友32点の半切サイズの計54点の構成である。プリントはコニカミノルタによる素晴らしいものである。
 その中で、私の特に気を惹いたのが、福原有一会長による、竹富島のシーサーの写真であった。シーサーとは、沖縄県などでみられる伝説の獣の像で、建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられ、家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除けであり、幸運招きなどの意味を持つ。八重山諸島ではシーシーともいう。屋根の上のシーサーからは、私なりに皮膚温度を感じたことと、瓦の匂いがプンプンするような気がして、興味深く思えたことでした。
 私は沖縄贔屓なので、印象深かったのかも知れませんが、写真に要求されるのは、色鮮やかさだと思います。何故なら、その写真を前に現実が少しでも色あせて見えるなら、どうあるべきかの確認から、どうすべきかの問題提起ができるからです。これからの景観保全の問題に、写真の果たせる使命は、ここにあると私は考えています。色鮮やかな写真で、世の中勝負とゆきたいものです。
 竹富島の景観保全は、竹富島憲章により、赤瓦の家並みが町並み保存地区になり、島最大の祭り・種子取祭りが国の重要無形民族文化財になり、織物のミンサーが国の伝統工芸品になって、多くの人を島にひきつけているというものでした。因みに竹富島憲章とは、1.売らない 2.汚さない 3.乱さない 4.壊さない 5.生かす という景観保全優先の基本理念であります。祖先から受け継いだ、伝統文化と美しい自然環境を誇り、活力あるものとして、後世に引き継いでゆくという心なのです。正に、この意思表示の盾こそ憲章なのですが、”人間性の原点回帰”という視点で景観保全の問題を考える時、一対ともいえる両者の支点になるのが、赤瓦の上のシーサーなのかも知れません。精霊の住む島、竹富島のシンボルを想う時、それは平和を訪ねてたどり着く、歴史の一里塚であることを実感するのです。   

d0104915_1344444.jpg
d0104915_13452387.jpg
d0104915_1346548.jpg

by suguru2056 | 2007-05-03 13:47 | 旅行 | Comments(3)